【プレスリリース】VMware社「VMware Workspace ONE」の認証強化にWisePoint Shibbolethの多要素認証システムが対応

2018年08月02日

仮想デスクトップ環境へセキュアにアクセス
~テレワーク時のセキュリティ対策と利便性の両立を実現~

SAML2.0対応の多要素認証システム「WisePoint Shibboleth」を開発、販売するファルコンシステムコンサルティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:中村時彦、以下ファルコンSC)は、SAML2.0対応多要素認証製品「WisePoint Shibboleth」と、VMware社が提供する「VMWare Workspace ONE」との認証連携の検証が完了しましたことをご報告申し上げます。

VMware Workspace ONEは、新たな「働き方」の実現を支援するデジタルワークスペースです。アクセス コントロール、アプリケーション管理、マルチプラットフォームに対応するエンドポイント管理を統合し、PCはもちろんiOS、Android、Windows 10など異なるOSを搭載した多様なモバイルデバイスから、社内システムに安全にアクセスすることが可能となります。

「WisePoint Shibboleth」は、画像をパスワードに用いるイメージングマトリクス認証やマトリックスコード認証、スマートデバイスの固体識別認証などの認証機能を装備したSAML2.0対応の多要素認証・シングルサインオン製品です。SAML2.0対応のクラウドサービスやオンプレ環境のWebシステムへアクセスする際の認証強化とシングルサインオンとして多くの導入実績をもっております。

「VMWare Workspace ONE」と「WisePoint Shibboleth」の連携によって、セキュリティ強化と利便性を両立し、今後の働き方改革、テレワークを推進致します。

また、ファルコンSCは、本連携を機会にVMware社のTAP(テクノロジーアライアンスパートナー)プログラムに加入しました。今後は両社の製品・サービスとの連携を強化し、両社のパートナーネットワークを通じてお客様の課題解決に貢献してまいります。

WisePoint ShibbolethとWorkspace ONEとの連携イメージ図

■本件に関するお問い合わせ
ファルコンシステムコンサルティング株式会社
Tel:044-814-2512 Mail:sales@falconsc.com